ARTIST
Fuminori “Maro” Shinozaki Violin

篠崎史紀(ヴァイオリン)

1963年生まれ。愛称 “まろ”。NHK交響楽団第1コンサートマスター。
3歳より、多くのプロを輩出した篠崎永育(父)、幼児教育の第一人者である篠崎美樹(母)の両氏にヴァイオリンの手ほどきを受ける。その後、田中令子、江藤俊哉、トーマス・クリスティアン、イヴリー・ギトリス各氏に師事、室内楽をバリリ・クァルテット、アマデウス・クァルテットのメンバーに学ぶ。1978年毎日学生音楽コンクール全国第1位受賞、79年には史上最年少で北九州市民文化賞を受賞し注目を浴びる。
1981年高校卒業と同時にウィーン留学、ウィーン市立音楽院に入学する。 翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾り、その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たす。
 1988年、ウィーン市立音楽院を修了後、帰国。群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、97年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。 以来、“N響の顔”として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として国内外で活躍中。特に、自身のプロデュースによる王子ホール(東京・銀座)での「MAROワールド」は数十分で売り切れるほどの人気シリーズである。また、2009年には「Meister Art Romantker Orchester」を結成し、国内外で大きな話題を呼ぶ
  多岐にわたる演奏活動の傍ら、東京ジュニアオーケストラ・ソサイエティ、iichikoグランシアタ・ジュニア・オーケストラ(大分)の芸術監督を務める他、 CD13枚、ヴァイオリン小品集「MARO’s Palette」(監修)、エッセイ「ルフトパウゼ ウィーンの風に吹かれて」が出版されている。
2001年福岡県文化賞受賞、北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師、昭和音大客員教授。
WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。