ARTIST
Emmanuel Pahud Flute

エマニュエル・パユ(フルート)

1970年、フランス人とスイス人の両親のもと、ジュネーヴに生まれる。
6歳でフルートを始め、パリ国立高等音楽院でミシェル・デボスト、アラン・マリオン、クリスチャン・ラルデ、ピエール=イヴ・アルトーに師事、同音楽院卒業後はバーゼルのオーレル・ニコレの下で研鑽を積んだ。

1989年の神戸国際コンクール第1位で日本のフルート・ファンの注目を一気に集め、92年には最難関のジュネーヴ国際コンクール第1位を獲得。

1992年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(音楽監督: クラウディオ・アバド)のオーディションに合格し、翌年には首席ソロ奏者に就任。

2000年6月ベルリン・フィルを退団、同年9月から2001年6月までジュネーヴ音楽院フルート科の教授として後進の指導にあたる。

2002年4月ベルリン・フィルに復帰、同オーケストラ首席奏者およびソロ・フルーティストとしての演奏活動を再開。

来日も多く、リサイタルの他、NHK交響楽団、東京交響楽団、紀尾井シンフォニエッタ等のオーケストラとの共演、マスタークラスも行っている。2006年放送の大河ドラマの紀行音楽にも参加した。

CDは20作を超え、2013年にはクリスティアン・リヴェ(ギター)との共演による「アラウンド・ザ・ワールド」をリリース。最新CDは2015年3月リリースの「フランス革命時代のフルート協奏曲集」(ワーナーミュージック・ジャパン)。

NEWS & TOPICS