ARTIST
Edgar Moreau Cello

エドガー・モロー(チェロ)

1994年パリに生まれる。4歳でチェロを、6歳でピアノを始める。2008年から13年までパリ国立高等音楽院でフィリップ・ミュレールに師事。現在はドイツのクロンベルク・アカデミーでフランス・ヘルメルソンに師事し研鑽を積んでいる。また、これまでにゲイリー・ホフマン、リン・ハレル、ダヴィド・ゲリンガスのマスタークラスを受講。

2009年ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクールにおける「最も将来性のある若手奏者」賞、11年国際チャイコフスキー・コンクール第2位および現代作品最優秀演奏家賞、14年ヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディション第1位を受賞しているほか、ADAMI(芸術家演奏家権利管理非営利団体)による最も有望な演奏家賞、フランス語圏公共ラジオ放送による2013年若手音楽家賞を受賞、そしてフランス版グラミー賞とも言えるヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュジクでは2013年と15年にそれぞれ新人賞と最優秀ソリスト賞を受賞している。

11歳でトリノ・レージョ歌劇場管弦楽団との共演でコンチェルト・デビュー。これまでにK.ペンデレツキ、V.ゲルギエフ、T.ソヒエフ、J-C.カサドシュをはじめとする指揮者、ポーランド青年交響楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、シモン・ボリヴァル・ユース・オーケストラ、マリインスキー管弦楽団、フランス国立管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、スイス・ロマンド管、フランツ・リスト室内管弦楽団、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ等のオーケストラと共演。

ピエール=イヴ・オディク(ピアノ)とのデュオでリサイタルを行う一方、モディリアーニ弦楽四重奏団、エベーヌ弦楽四重奏団、ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)、ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ(ピアノ)、カティア・ブニアティシヴィリ(ピアノ)と共演。また、ポーランド・イースター音楽祭、ラジオ・フランス主催モンペリエ音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭(ナントおよび日本)、ヴェルビエ音楽祭、ルガーノ音楽祭、エディンバラ国際音楽祭、エヴィアン音楽祭、グシュタード音楽祭、ヴュルツブルグ・モーツァルト音楽祭を含む著名音楽祭に出演している。

2015-16年のシーズンにはバルセロナ交響楽団、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、N.ズナイダー指揮のフランス国立管弦楽団(ヨーロッパおよび台湾ツアー)との共演、ケルン・フィルハーモニーホールやシューベルティアーデにおける室内楽が予定されている。

2014年デビュー・アルバム「プレイ」をリリースし、15年には「ジョヴィンチェロ〜バロック協奏曲集」をリリース、日本ではワーナー・クラシックス“ライジング・スターズ”の一人として15年12月にデビュー。

演奏楽器は1711年ダヴィッド・テヒラー製チェロ。