ARTIST
Antje Weithaas Violin

アンティエ・ヴァイトハース(ヴァイオリン) 

ベルリン生まれ。4歳でヴァイオリンを始める。ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンでヴェルナー・ショルツに師事。クライスラー国際(1987年)、バッハ国際(1988年)、ハノーファー国際(1991年)の3つのコンクールで優勝。

ベルリン・ドイツ響、ベルリン放送響、バンベルク響、モーツァルテウム管、BBC響、フィルハーモニア管、ボストン響、ロサンゼルス・フィルを含むオーケストラ、ザンテルリンク、メッツマッハー、アシュケナージ、キタエンコ、サー・マリナー、アルブレヒト、クライツベルク、オラモ、カルマー、マナコルダ等の指揮者と共演。また、2009年からはカメラータ・ベルンの芸術監督を務めている。

これまでに、極めて高い評価を獲得したバッハおよびイザイの無伴奏ヴァイオリン作品集、ブルッフのヴァイオリンと管弦楽のための作品全集等のCDをリリース。

ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン教授。

使用楽器は2001年ペーター・グライナー製ヴァイオリン。