ARTIST
Nemanja Radulović Violin

ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン)

1985年セルビア(旧ユーゴスラビア)生まれ。7歳で音楽を始め、1997年セルビア共和国文部省より特別賞「タレント・オブ・ザ・イヤー1997」を授与された。1998年にはドイツへ留学し、ザールランド州立音楽演劇大学でJ.エプスタインに師事、引き続きベオグラード大学の芸術音楽学部でD.ミハイロヴィッチに師事する。

14歳で渡仏。15歳でパリ国立高等音楽院に入学、P.フォンタナローザに師事、さらにメニューイン、アッカルドの指導を受ける等、研鑽を積む。

1995年ストレサ国際コンクール(イタリア)、96年コチアン・ヴァイオリン・コンクール(チェコ)、97年バリス・ドヴァリョーナス・コンクール(リトアニア)、2001年エネスコ国際コンクール(ルーマニア)、2003年ハノーファー国際コンクール(ドイツ)の5つのコンクールで第一位を獲得しているほか、1997年リピンスキ・ヴィエニアフスキ国際コンクール(ポーランド)および98年メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールで審査員特別賞、2001年ストラディヴァリウス・コンクール(クレモナ)一位なしの第二位を獲得。

これまでにフランス国立放送フィル、北ドイツ放送響、チューリッヒ・トーンハレ管、ロイヤル・フィル、モントリオール響を含むオーケストラ、チョン・ミョンフン、大植英次、フィリップ・ベンダー、ヘスス・ロペス=コボス、ローレンス・フォスターをはじめとする指揮者と共演している。また、アムステルダム・コンセルトヘボウ、パリのシテ・ドゥ・ラ・ミュジク、アテネのメガロン、ブリュッセルのパレ・デ・ボザール、ケルンのフィルハーモニー、ニューヨークのカーネギーホール等で公演を行う。

その圧倒的な存在感で日本における人気も急速に高まっており、これまでに東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団等との共演、リサイタルで来日。また2011年には自身がリーダーを務める弦楽ユニット“悪魔のトリル”との初来日公演を行い、大反響を呼んだ。

CDには、無伴奏作品集、メンデルスゾーンの協奏曲集、“悪魔のトリル”とのアルバム、ベートーヴェン・ソナタ集(ピアノ:スーザン・マノフ)、フランスとセルビアの奏者で結成したアンサンブル“ドゥーブル・サンス”とのアルバム「ファイブ・シーズンズ」、フランスを代表するハープ奏者マリエル・ノールマンとのデュオ作品集、そして、ドイツ・グラモフォンと契約後にリリースした「パガニーニ・ファンタジー」および最新アルバム「ジャーニー・イースト」がある。